竹屋神社にまつわる神話

古事記(七一二年)・日本書記(七二〇年)より 高天原(たかまのはら)(天上の国)の天照大神(あまてらすおおかみ)が葦原中国(あしはらなかつく)(地上の国)を治めるのに孫の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を地上に遣わした。
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は高千穂峰に天降(あまくだ)り、住まいを探すのに五田の長屋の笠狭(かささ)の岬(現在の野間岬)に到達した。その後この地で一番の美人である木花咲夜姫(このはなさくやひめ)(この地を治めていた酒神・大山祇神(おおやまつみのかみ)の二女)と結婚して内山田の無敷野に皇居を建てた(日本発祥の地)。
木花咲夜姫(このはなさくやひめ)は一夜で身ごもったが、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に「一夜で身ごもるのはおかしい、私の子ではない」と言われたため、「天孫(あめみま)の子であれば傷つかない、そうでなければ焼け死ぬ」と竹屋ヶ尾(たかやがお)丘(無敷野にある)に無戸室(うつむろ)(出入り口の無い小屋)を建てて火をかけその中で出産した。(三皇子降誕の地)
その後、この地(宮原)に皇居が移され、「火照命(ほでりのみこと)(火明命・海幸彦)」「火須勢理命(ほすせりのみこと)」「火遠理命(ほをりのみこと)(彦火火出見尊・山幸彦)」の三皇子はここで成長されたといわれている。
故に古来からこの地は皇居の建立地であることから、宮原と呼ばれるようになった。
「豊玉姫」は海神「大(おお)綿津見神(わたつみのかみ)」の娘で、山幸彦(火遠理命(ほをりのみこと))が兄である海幸彦(火照命(ほでりのみこと))の大事な釣り針を海で失い、兄からどうしても探してこいと言われ海に探しに行った時に出会い、釣り針を見つけてやって山幸彦と結婚し「鵜葺草葺不合命(うぶやふきあえずのみこと)」を産む。この子の子供が日本国を征し日本国最初の天皇である「神武天皇」と言われている。
一説によると山幸彦は海神・大綿津見神と手を組み、兄である海幸彦を倒し権力を握ったとも言われている。故に山幸彦(火遠理命(ほをりのみこと))夫婦が兄を押しのけて中央本宮に祀られている。

竹屋の御祭神

竹屋(たかや)神社(じんじゃ)(旧県社・元加世田郷惣社(ごうそうしゃ) 鷹屋(たかや)大明神(だいみょうじん))
鎮座地 鹿児島県南さつま市加世田宮原二三六〇番地

一、御祭神

◆中央本宮

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)(別名を火遠理命(ほをりのみこと))皇室の祖先神、神話での山幸彦

豊玉姫命(とよたまひめのみこと)(火遠理命(ほをりのみこと)の妻で海神・大綿津見神(おおわたつみのかみ)の娘)

◆東宮

火須勢理命(ほすせりのみこと)

◆西宮

火明命(ほあかりのみこと)(別名を火照命(ほてりのみこと)) 神話での海幸彦

※天孫(あめみま)「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」と「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」の子供の三皇子(三柱)と豊玉姫の四柱 (日本国の建立に係わる命(みこと)、四柱を祀っているのは当神社だけである)

二、神格(神としての資格)

彦火火出見尊:山の神 穀霊神 漁業の神 稲穂の神(農業の神)

豊玉姫命:海宮の神 水の神 聖母

火明命:海の神 太陽神 農業神

火須勢理命(ほすせりのみこと):不明(阿多隼人の祖先とも言われてる)

四柱と木花咲耶姫(酒の神):焼酎神

三、神得(ご利益)

五穀豊穣・心願達成・商売繁盛・開運厄除・縁結び・子宝安産・航海安全・農業漁業守護・酒焼酎繁栄

四、神社の建立

この神社は当初竹屋ヶ尾丘の麓(内山田無敷野)にあったものを、「宮原」の皇居跡(三皇子の居住地)に移したもので建立は約一千年前と言われている。棟札に慶長十五年(一六一○年)六月十四日再興、表に応保元年(一一六一年)十 月七日造立とある。少なくとも今から八五七年前となる。神社参道入口は 正面道路一キロ先の国道226号線交差点(加世田自動車学校横)で鳥居のあった記念碑がある。